アービトラージとは、同一の価値を持つ商品の一時的な価格差

複数の取引所価格変動をAPIで「見える化」

高速データ取得によりタイムリーな価格変動に迅速対応、取引所間の価格差も同時に表示。 手動・信用取引もボタン一つで変更可能です。 APIに関して

目標差額を状況に合わせて設定可能

初回設定で差額金額を確定させることにより都度データ取得時に計算いたします。単位(0.001~5BTC)対応:信用取引はビバレッジ可能 設定方法

予算・目標に合わせた明朗なシステム定額制

1サーバ200組、BTC取引限度額で、1,080~54,000円:OPで取引所登録サポート・VPS設定を代行いたします。
価格表

価格差(歪み)が生じた際に、
割高なほうを売り、割安なほうを買い、
その後、両者の価格差が縮小した時点で
それぞれの反対売買を行うことで利益を獲得を
目指す取引行為。

価格差利益の取得

★現物取引
レート差は安定していますが、レバレッジをかけることができず、またオーダーの分割によるスリッページが発生しやすくなります。
★信用取引
信用取引の場合は取引手数料がかからず、またレバレッジをかけて取引することができますが、レート差のかい離が大きい状態が続き、差が縮まらない場合があり。

アービトラージ条件

    * 取引所の資産合計が同等になるように入れていただき、円とBTCの比率を等分になるようにお願い致します。数回トレードを行うと、取引所内の円、ビットコインに偏りが生じ、それ以上交換ができなくなります。

     その場合AutoMMがONになっていると、自動で(コストが安いタイミングで)円とビットコインの偏りを一部解消致します。
     注文方法は、成行注文となります。

仮想通貨 BitCoin

世界中で使用が可能!

ビットコインは、国家単位で運営されている円やドルと同じく、経済活動を円滑に進めるために作られた仮想通貨なのです。世界中で日常生活に「使える」ようにすることを目指して作られています。仮想の通貨なので紙幣や硬貨は存在しませんが、代わりにパソコンやスマートフォンをお財布代わりにして、物の売買が実現できるようにつくられています。まだまだ発展途上ではありますが、円やドル以上に利便性が高く、安定し、世界中で利用できる次世代の通貨をめざして作られた仮想通貨なのです。

対応取引所を確認

デジタルマネーの強み

ビットコインと電子マネーの違い

 現在一般的に利用されている電子マネーは、基本的にはその地域で使われている通貨を使って電子的に決済を行うために存在しています。

 ビットコインは、何らかの端末に円をチャージするというものではありません。
 ビットコインは、通貨です。円やドルと違って仮想ではありますが、通貨です。電子マネーとは、貨幣を使わないで決済できるようにするしくみのことです。仮想通貨=電子マネー、ではありません。

ビットコインは誰が管理しているの?

 ビットコインにおける新しい通貨の発行や、取引の詳細情報は、そのすべてがコンピューターネットワーク上に分散されて、保存される仕組みです。ビットコインで行われたすべての取引記録を記載した、1つの大きな取引台帳が存在しているとイメージしてください。
 この可視化された記録のおかげで、通貨の偽造や二重払いなどを防止することができます。すべての記録は残りますが、その記録に個人情報は含まれません。記録はあくまでも、ビットコインの流通の整合性を保証するために存在するのです。