よくある質問

BitCoin初心者
パソコン苦手

初めての方でも、取引所開設サポートを致します。また、有料で設定サポートも致します。 開設サポート

初めての取引
自動ですか?

現物取引の場合は自動も可能です。AutoMMにて資金移動等が可能になっています。 AutoMMとは?

仕事してます。
放置可能ですか?

VPSサーバ等を利用する事により、24時間ソフト稼働は可能となっております。 VPSサーバとは

取引は
赤字になりますか?

算定取引はBTCの急激な価格暴落暴騰やAPI時差等により赤字になる場合もあります。 利用規約・自己責任





◆ 初心者からの、よくある!お申込み前質問 ◆

★ 初心者でも利用できますか?
設定項目を入力するだけで簡単に取引できますが、アービトラージの仕組み、APIの取得方法、zipファイルの解凍の仕方など標準的なパソコン操作に精通している方が対象となります。
当社では、取引所申請サポートを御利用の方は設定のサポートも致します。 既に取引所申請済の方には有料(3500円)にて設定までのメールサポートを致します。

★ MAC、LINUXではご利用は出来ますか?
MAC、LINUXではご利用になれません。exe形式のファイルとInternetExplorerを使用するためWindowsが必要です。

★ パソコン推奨スペックは?
推奨スペックは特別ございません。
インターネットに接続可能なWindowsであれば、10年以上前のPCでもご利用いただけます。
また、高性能のPCを利用しても取引には大きな差はございません。
(回線速度が差の要因になります。)

★ 取引所への接続はどのように行うのですか

★ APIとは何のことですか?
APIとはあるシステムを外部で稼働させるために必要な情報のやり取りのことです。
各取引所で発行可能なAPIとその秘密鍵が必要になります。

★ 利益がマイナスになることはありますか
現物取引の場合、アービトラージの設定レート差が小さい場合や大きい取引量でオーダーが分割される場合、またビットフライヤーをご利用の場合マイナスになる可能性があります。
※ビットフライヤーは取引手数料が発生するため、手数料負けする可能性があります。

★ イーサリアムやライトコインはできますか
現在取引所が発行しているAPIがビットコイン以外に対応していないため、現在はビットコインのみとなります。

★ 同時に3つの取引所でアービトラージはできますか?
現物取引であれば3つの取引所でアービトラージすることは可能です。
しかし、3社間でアービトラージをすると資金管理が煩雑になり、円とビットコインに偏りが生じやすくなりますので、現物取引の場合はCoinCheckとZaif間を推奨致します。
※BitFlyerは現物取引の場合取引手数料が発生し、手数料負けする可能性があります。

★ 決済はどういう仕組みですか
現物取引の場合は2つの業者で円とビットコインを交換した時点で取引は終了し、決済処理はありません。信用取引の場合は、決済のレート差を指定する項目がありますので、そちらで決済レート差をご指定ください。
(指定以上のレート差になったときに業者間で両建てエントリーし、レート差が縮まった時に決済します。)

★ 注文は指値注文ですか成行注文ですか?
オーダーはすべて成行注文にて行われます。
指値注文の場合、レートが急激に変位するとオーダーがペンディングのまま残ってしまい、スキャルピングが上手く機能しなくなる恐れがあります。



◆ 取引前の準備!取引所開設後のQ&A ◆

★ 資金はどのように取引所に入れれば良いのですか
現物取引の場合、2つの取引所でアービトラージする場合、それぞれにほぼ同額の資金を入れてください。
現物取引でAutoMMがONの場合、円とビットコインの交換は自動的に行われます。
信用取引の場合はそれぞれ異なる大きさの資金量でも問題ありません。

例えば、現物取引の場合、
コインチェックのレート>ビットフライヤーのレート
になった場合、コインチェックにはビットコインが必要で、ビットフライヤーには円が必要です。

逆に
ビットフライヤーのレート>コインチェックのレート
になった場合、コインチェックには円が必要で、ビットフライヤーにはBTCが必要です。

ソフトを設定後にまずどちらに動くかは、そのときになってみないとわかりませんので、各取引所の資産合計が同等になるように入れていただき、円とBTCの比率を等分になるようにお願い致します。

数回トレードを行うと、取引所内の円、ビットコインに偏りが生じ、それ以上交換ができなくなります。

その場合AutoMMがONになっていると、自動で(コストが安いタイミングで)円とビットコインの偏りを一部解消致します。

★ zipファイルの解凍ができません。exeファイルを送付してください
セキュリティの関係上exeファイルを直接送付、もしくはダウンロードすることは困難なので、圧縮ファイルの状態でダウンロードしていただき、解凍をお願い致します。
Windowsの場合は解凍ソフトは別途必要ありませんが、エラーが出る場合WinRarなどの使用を推奨いたします。

★ APIの権限の設定はどれを許可すればいいですか
取引(新規注文、決済)に関連する項目のみ許可をお願い致します。

★ ユーザーネームに全角文字は使えますか
設定項目はすべて半角英数字での入力をお願い致します。

★ IDとユーザーネームの違いは何ですか
IDは取引をするために必要な、数字からなる識別コードです。
ユーザーネームはメールアドレスとご利用者様を紐づけしています。

★ 入力メールアドレスは支払の際に使ったメールアドレス以外でも大丈夫ですか
ご利用者のメールアドレスとお支払いただいた方のメールアドレスを照合するため、トレード用のメールアドレスは決済時のものをご利用ください。

★ 最小取引ロットはいくつですか
コインチェックが0.005BTC、ZAIFが0.0001BTC、ビットフライヤーが0.001BTCです。 取引する業者の内、最小取引量の大きいロットが最小取引ロットです。

★ 取引最小間隔は何のためにあるのですか
ビットコインはレートの変位が大きいため、短時間の間に何度も取引が発生する可能性があります。
取引最小間隔は短時間の間に取引しすぎるのを防ぐための機能です。
また、取引所の取引履歴では1分単位での履歴の参照になるため、1分以内に2回以上取引すると取引履歴の照合が困難になります。

★ 信用取引と現物取引ではどちらが良いのですか
それぞれに一長一短があり、一概にどちらが良いとは言えません。
信用取引の場合は取引手数料がかからず、またレバレッジをかけて取引することができますが、レート差のかい離が大きい状態が続き、差が縮まらない場合があります。
現物取引の場合はレート差は安定していますが、レバレッジをかけることができず、またオーダーの分割によるスリッページが発生しやすくなります。

★ 信用取引の場合、各取引所のレバレッジは一致させる必要がありますか
レバレッジを合わせる必要はございません。
取引量があっていれば、アービトラージはロジック通りに稼働致します。
レバレッジの違いは、同じ量のトレードを2つの取引所で行う際に、それぞれの取引所に入れなければならない証拠金に差があるということになります。

★ 一番良い設定値を教えてください。
ビットコインは値動きの激しい性質を持っており、そのときの相場に応じて適切な設定値は異なります。また、お客様の残高、取引量などによっても変化するため、さまざまな設定値をご検証をお願い致します。
ご不明な場合は、まず現物取引で、少額ロット(0.005BTC)、レート差1000円、AutoMM:ON、AutoMMレート差:0、AutoMM交換量:0.005をお試しください。

★ AutoMMとはどういう仕組みですか?
Auto Money Managementの略で、円とビットコインに偏りが生じた際にそれを解消する機能です。
例えば、取引所Aで売り、取引所Bで買いを繰り返すと、取引所AではBTCが減り円が増え、取引所Bでは円が減りBTCが増えます。
減った通貨が取引量よりも小さくなるとそれ以上取引できなくなりますが、Auto MMがONの場合、取引所Aと取引所Bのレート差が縮まっているタイミングで円とビットコインを交換します。

★ AutoMMをONにしても"証拠金が足りません"というエラーが出ます!
Auto Money Managementは、資金の偏りを検知し、同じ取引量だけ交換する機能のため、証拠金(残高)に対して取引ロットが大きい場合、証拠金が足りずにエラーになる場合があります。
また、AutoMMが機能した後に反対側にレート差が広がると同様のエラーが出る可能性があります。
※このエラーは取引所側が出すエラーであり、その後のトレードに問題はありません。

★ PCを閉じても取引させる方法はありますか
VPSをご利用ください。
必ずしもトレード用のVPSである必要はありませんが、日本国内に位置しているサーバーが各取引所に近いロケーションとなります。

★ オススメのVPSはありますか?
BEEKSのVPSはトレードに特化したWindowsのサーバーを提供しております。
http://www.beeksfinancialcloud.com/

★ ソフト稼働中でもインターネットはできますか
InternetExplorer以外のブラウザであればご利用可能です。

★ ソフトが停止することがありますが、なぜですか?
・取引所のサーバーが(一瞬でも)ダウンした場合
・ネットワークが断続的に切断される場合
・PCのメモリに著しく容量が不足している場合
・(フリーズしている場合)
・稼働中にInternetExplororでブラウジングしようとした場合
・常時起動するソフトを停止させるプログラムを起動している場合
これらの場合、ソフトが停止することがあります。
停止した際は、一度ウィンドウとソフトを停止、再度起動をお願い致します。

★ 取引の結果はどうやって見れば良いですか
実際の取引の結果については各取引所の取引履歴をご覧ください。
(取引所の取引履歴の見方については常時変更される可能性がありますので、各取引所にお問い合わせください。)

★ メール通知にある取引所からのメッセージのエラーについて教えてください。
Invalid signature
{"success": 0, "error": "no data found for the key"},
この文字列がある場合、APIキーに間違いがあります。

504 Gateway Time-out
またはメッセージが何もない場合、アクセス拒否か取引所のサーバーダウンです。

{"status":-208,"error_message":"Order is not accepted. Please try again later.","data":null}
これは約定拒否を表します。
約定拒否が続く場合取引所に問題があります。取引所にお問い合わせください。

{"success": 0, "error": "insufficient funds"}
"success":false,"error":"Amount jpy の所持金額が足りません"}
{"status":-200,"error_message":"Insufficient funds","data":null}
証拠金不足を表します。
AutoMMがONでこのエラーが出た場合、その後コストがかからないタイミングでBTCと円の交換を行います。

{"status":-1,"error_message":"An unknown error occurred.","data":null}
取引所で原因不明のエラーが発生したことを表します。

★ 信用取引で片方の取引所でエラーが出て、片方の取引所だけ建玉を持っているのですが、どのように処理すればよいですか?
何かしらのエラーにより両建ての状態になっていない場合、建玉を持っている取引所のポジションを手動で決済してください。
(今後のアップデートにより変更になる可能性があります。)

★ 信用取引でポジションを保有している間に設定値を変更しても大丈夫ですか?
ポジションを保有している間に設定値を変えてしまうと、そのポジションが正しく決済されなくなる可能性がありますので、すべての建玉を決済してから(自動、裁量問わず)設定値を変更してください。

★ なぜ信用取引のときと現物取引のときでレートが違うのですか?
各取引所から取得するレートには現物取引用のレートと信用取引用のレートがあります。
それぞれの取引タイプに応じて取得するレートが異なり、場合により大きな乖離が発生している場合があります。

★ 信用取引でアービトラージをする場合、裁量で他のポジションを持つことはできますか?
信用取引でアービトラージをご利用の場合、アービトラージが認識するポジション以外のポジションがあると、エラーの原因となります。
信用取引でのアービトラージをご利用の際はすべてのポジションを決済し、常にアービトラージによるポジションのみになるようにしてください。
(今後のバージョンアップで上記は変更になる可能性があります。)

★ 取引所で保有している他のアルトコインに影響はありますか
アービトラージで利用するのはビットコインと円の残高(現物時)もしくは証拠金(信用時)のため、その他のアルトコインに影響はございません。

★ メール通知のレートと実際の取引履歴のレートが一致しません。
メール通知のレートはアービトラージをする直前のAsk、Bidです。
実際に取引する際には、"ミリ秒の時間差"と "オーダーが分割されることによるスリッページ(現物時)"が生じます。
アービトラージのレート差を設定する際はこれらのことも考慮し、少し広めに設定することを推奨致します。

★ 0.005BTCの現物取引をしようとするとコインチェックでエラーになります。
コインチェックは売りオーダーの場合は0.005BTCで送信しますが、買いオーダーの場合は0.005BTC分の円をそのときのレートから計算し送信します。
その際に0.005BTC分よりも小さい円になる場合に取引エラーになります。

★ 後から料金コースを変えるにはどうすれば良いですか
取引ロットを増やし料金コースを変更する場合、新しいコースを新たにお申込みいただき、古い契約は解除をお願い致します。

トレード関して

特に2017年6月前後よりBitCoin相場は急激に拡大しております。 最大30%前後の価格差が生じております。

☆ 取引は自己責任となります。

トレードの実績

現物取引での実績として、9月17~19日10時:0.1BTC「総合0.2BTC」(ZaifとCoinChecK)を2日間で1,500円の利益を得ております。取引ボーナス含まず。

また、BitCoinの相場上昇にて、41万⇒45万にて8,000円の利益を得ております。上記合計で2日間9,300円の利益となります。投資金額≒20万円

赤字にもなります!上記の様に相場が上昇した場合、BitCoin自体価値上昇となります。例として45万⇒41万の場合は、-8,000円の損失となります。

BitCoinの価値は、BitCoinのBTC(通貨)価値となります。為替と同様に変動する事を理解してお取引を開始して下さい。

初心者歓迎!
少額投資から